新車情報

812Superfast

812Superfast

2017年3月7日、スイス・ジュネーブにて812Superfastが発表されました。
フェラーリがサーキットで培ってきた豊富な知識や経験を活用することに焦点を絞り、入念な研究開発が進められました。その結果、全方位的にベンチマークとなる、パフォーマンスと卓越したドライビングエクスペリエンスをドライバーにもたらす、極めて特別な車輌が誕生しました。

812Superfastはフェラーリ史上もっともパワフルかつ最速のロードゴーイングカーです(ミッドエンジン、限定仕様V12気筒を除く)。
F12berlinetta および F12tdf をベースに開発された812 Superfastは、フェラーリ12気筒の新たな歴史の扉を開くモデルです。

この強烈なパワーを存分に引き出し、かつ完璧な重量配分の達成に向けて、車輌にはフロントに搭載されるエンジンとリアのトランスミッションを繋ぐ高度に進化したトランスアクスルが採用されました。
812 Superfastには最先端の車体制御システムと装置が搭載されています。極めて革新的なデザインによるエアロダイナミクス・パッケージが、比類ないハンドリング性能に貢献します。また、フェラーリとして初めてEPS(電動パワーステアリング)を搭載しました。
フロントミッド・エンジン・スポーツカーの新たなベンチマークを打ち立てた812 Superfastの特性は、搭載する新型12気筒エンジンによってさらに磨き上げられました。
Cavallino Rampante(跳ね馬)のDNAが息づく他のモデルと同様に、この新型ベルリネッタは、一般道でもサーキットでも切れ味鋭い応答性を発揮します。一方で快適な長距離旅行をお楽しみいただくために、滑らかなハンドリングと乗り心地も備えています。

ギャラリー

スペック

エンジン
形式
V65°V型12気筒
ボア×ストローク
94 x 78mm
総排気量
6,496cc
圧縮比
13.64:1
最高出力
800CV (588kW) @ 8,500rpm
許容最高回転数
8,900 rpm
最大トルク
718Nm @ 7,000rpm
ギアボックス
トランスミッション/ギアボックス
4WS/ 7速 F1 DCT/ E-Diff3
電子制御: SSC5/CST with F1-Trac、ESP 9.1プレミアム with高性能ABS/EBD, dual-coil SCM-E
パフォーマンス
最高速度
340km/h
0-100km/h
加速: 2.9秒
0-200km/h
加速: 7.9秒
100-0 km/h
制動距離: 32 m
ドライウエイト・パワーレシオ
1.9 kg
燃料消費
14.9 l/100km
CO2排出ガス
340g CO2/km
サイズおよび重量
全長
4,657mm
全幅
1,971mm
全高
1,276mm
ホイールベース
2,720mm
フロント・トレッド
1,672mm
リア・トレッド
1,645mm
乾燥重量
1,525kg乾燥重量: 1,525 kg
重量配分
47% フロント / 53% リア
タイヤ & ホイール
フロント: 275/35 ZR20; 10” J x 20" リア: 315/35 ZR20; 11.5” J x 20”
ブレーキ
フロント: 398 mm x 38 mm リア: 360 mm x 32 mm
燃料タンク容量
92リットル