新車情報

488 GTB

488 GTB

フェラーリ初のミッドシップV8モデルとして誕生した308 GTB から40年、プランシング・ホース(跳ね馬)は、8気筒モデルの歴史の新たな一歩を踏み出しました。

488 GTB。このモデル名は、ヒストリック・フェラーリの命名法に立ち返り、ネーミングされました。つまり、「488」は、搭載するエンジンの1気筒あたりの排気量であり、「GTB」は、Gran Turismo Berlinettaの頭文字です。この新型車輌は、かつてないほどの高い性能を実現しただけでなく、サーキット経験のない一般的なドライバーであっても、アグレッシブなまでのエンジン出力を余すことなく活用し、高いレベルのドライビング・コントロールを可能としました。

卓越したエンジンおよび洗練されたエアロダイナミクス、そしてさらに磨きをかけたビークル・ダイナミック・コントロールの組み合わせによって、切れ味鋭い応答性を極限まで突き詰め、ロードカーでありながら、レーシング・カーに匹敵する応答性を実現させました。

最高出力(670CV)のエンジン・レスポンスタイム(0.8秒)、車輌のレスポンスタイム(0.06秒)によって、個性を際立たせた488 GTBは、ドライビング・スキルに関係なく、ステアリングを握ったすべての方に、格別なドライビング・プレジャーを提供します。
この性能の達成に、フェラーリは、モーターレーシングの2つの柱である「F1」および「GTレース」双方の経験を惜しみなく注ぎ込みました。GTレースでは、458がWECのタイトルを保持し、ル・マン24時間レースでは2クラスで優勝を果たしています。また、新型モデルは、フェラーリ・エンジニアが10年間、ジェントルマン・テストドライバーに向けたサーキット専用モデルの開発に取り組み蓄積してきた「XXプログラム」のノウハウも最大限に活用しています。

スペック

エンジン
形式
V8 - 90°ターボ ドライサンプ
ボア×ストローク
86,5 x 83 mm (3.4 x 3.3 in)
総排気量
3,902cm3
圧縮比
9.4:1
最高出力
493kW(670CV)at8000rpm
1リッター当たり出力
172cv/L
最大トルク
760Nm at 3000 rpm
最高回転数
8000rpm
サイズおよび重量
全長
4568 mm
全幅
1952 mm
全高
1213 mm
ホイールベース
2650 mm
フロント・トレッド
1679 mm
リア・トレッド
1647 mm
乾燥重量
1370 kg
車輌総重量
1370 kg
車輌重量配分
フロント41% リア58%
燃料タンク容量
78L
トランク容量
230L
タイヤ
フロント
245/35 ZR20 J9.0
リア
305/30 ZR20 J11.0
ブレーキ
フロント
15.7×8.8×1.4in
リア
14.2×9.2×1.3in
電子制御システム
エレクトロニクス
E-Diff3,F1-Trac,高性能ABS(Ferarri Pre-Fill装備)
ギアボックス
ギアボックス
7速F1 デュアルクラッチ・トランスミッション
パフォーマンス
最高速度
330km/h以上
0-100km/h
3.0秒
0-200km/h
8.3秒
0-400m
10.45秒
0-1000m
18.7秒
燃料消費とCO2 排出
燃料消費量
11.4L/100km
CO2 排出量
260g/km