新車情報

California T

California T

フェラーリ・カリフォルニアTは、エクスクルーシブかつエレガンス、またスポーティーで機能性に富むという、1950年代から続くカリフォルニアならではの特徴を現代に引き継ぐモデルです。

フェラーリ・カリフォルニアTは、最先端の革新的技術を誇る一方で、これまでに成功を収めた2プラスのコンセプト、加えてリファインされたコックピット、そしてもちろん、リトラクタブル・ハードトップといった特徴的な機能を維持しています。このリトラクタブル・ハードトップにより、カリフォルニアTは、シックなクーペスタイルからわずか14秒で、スマートに洗練されたスパイダーへとフォルムを変化させます。

カリフォルニアTには8気筒のターボ・エンジンを初めとする様々な新技術が採用されました。マラネッロの技術者達が開発したこの新型エンジンは、絶対的に優れた水準の性能を備えると同時に、これまでのターボ・エンジンで成し得なかった強烈なピックアップと、胸のすくようなサウンドを実現しています。 ミッド・フロント、それも極めて低い位置に搭載される3,855cc 8気筒ターボ直噴エンジンは、7,500rpmで560CVを発生、比出力は、このカテゴリーの車両で最高値となる145CV/リットルを誇り、最大トルクは755Nmに達します。その結果、カリフォルニアTは、0-100km/h到達タイム3.6秒という卓越した加速力を実現しました。従来モデルと比較すると、出力で70CV、トルクにして49%もの強化を図る一方で、燃料消費量は約15%低減しました。

カリフォルニアの購入者のうち70%がフェラーリを初めて手にしたオーナーで、カリフォルニアは新しいマーケットを開拓しているモデル」であり、他のフェラーリ車と比べ年間の走行距離が30%長く、毎日の使用頻度が50%多いことに加え、フェラーリというのはとてもエゴイスティックな1人で乗るクルマと思われがちだが、カリフォルニアユーザーの65%が複数人数で旅行へ行くという使い方をしている。

スペック

エンジン
形式
90 度V8 -ダイレクトイグニッション
ボア×ストローク
86.5 x 82 mm
1気筒あたりの排気量
482 cm3
総排気量
3855 cm3
圧縮比
9.4:1
最高出力
412 kW (560 cv) @ 7500 rpm
最大トルク
755 Nm (77 kgm) @ 4750 rpm
最高回転数
8700 rpm
サイズおよび重量
全長
4570 mm
全幅
1910 mm
全高
1322 mm
ホイールベース
2670 mm
フロント・トレッド
1630 mm
リア・トレッド
1605 mm
乾燥重量*
1625 kg
車輌総重量*
1730 kg
重量配分
47%フロント、53%リア
燃料タンク容量
78 リットル
トランク容量
340 L、 240 L (ルーフ収納時)
ホイールとタイヤ
フロント
245/40 ZR19"
リア
285/40 ZR19"
フロント(オプション)
245/35 ZR20"
リア(オプション)
285/35 ZR20"
カーボン・セラミック・ブレーキ
フロント
390 x 34 mm
リア
360 x 32 mm
電子制御システム
電子制御システム
F1 TRACシステム統合CST(安定性とトラクションの制御)
ギアボックス
タイプ
F1、デュアルクラッチ7速 + リバース
サスペンション
フロント
ダブルウィッシュボーン
リア
マルチリンク
パフォーマンス
最高速度
316 km/h
0-100km/h加速
3.6 秒
0-200km/h加速
11.2秒
パワー・ウエイトレシオ
2.9 kg/cv
燃料消費とCO2 排出(ECE+EUDC複合サイクル)
燃費**
10.5 リットル/100km
CO2排出量**
250 g/km
備考
*
オプション装備の場合
**
オクタン価98(RON)燃料にて
***
HELE システム搭載による複合サイクル(ECE+EUDC 複合サイクル)