新車情報

GTC4Lusso

GTC4Lusso

圧倒的なスポーツ性能、優れた機動性、際立つエレガンス ユニークな特徴を備えたFerrari GTC4Lusso。

新型Ferrari GTC4Lussoの登場によって、これからのスポーティーな4シーター4WDグランドツアラーのコンセプトは刷新されます。このGTC4Lussoのネーミングは、エンツォ・フェラーリが愛した330GTCおよび、その2+2モデルである330GTC、あるいは高性能とエレガンスを高い次元で両立させた250GT Berlinetta Lusso等の輝かしいモデルに由来したもので、数字の「4」は、快適な4名乗車を可能とする4シーター・モデルであることを示します。
このモデルは、単独ドライブはもちろん、時には幸運な3名のパッセンジャーとともに、ショート・ドライブから長距離旅行まで。また、雪に覆われた山岳ルートおよび市街地のストリートなど、フェラーリならではのエキサイティングなドライビング・エクスペリエンスを、いつでも、どこでも楽しみたいという方に向けて設計されました。キャビンの快適性、スポーティーなエレガンス、そして秀逸なディティールといった重要な要素には一切の妥協を許さず、しかも、いつでもパワフルなドライビングを存分に楽しみたいというお客様のご要望にお応えするモデルです。
搭載するエンジンは、スムーズかつ十分なパワーを備えた12気筒です。アクセルを踏み込めば、立ちどころに最高出力690cv/8,000rpmという圧倒的なパワーを発揮します。パワーウェイト・レシオ2.6kg/cv、圧縮比13,5:1という数値は、同クラス・エンジンの新記録です。最大トルクは697Nm/5,5750rpmで、その80%をわずか1,750rpmから発生させるため、低回転域での走行においても鋭いレスポンスを発揮します。このモデルのオールラウンドな特徴は、スポーツ・ドライビングでは豊かでパワフルなサウンドを、市街地でのクルージングでは耳に心地よいハーモニーを奏でるエグゾースト・サウンドにも表れています。

Ferrari GTC4Lussoは、数々の素晴らしいエモーションを堪能していただけるよう設計されました。四輪操舵システムと四輪駆動との組み合わせで極端なロー・グリップ・コンディションであっても、それを物ともしないスポーティーなパフォーマンスを発揮します。端的に言えば、洗練さに磨きをかけたスタイリッシュな車輌でありながら、チャレンジングなワインディングでも長いストレート・ルートでも、一貫した秀逸な快適性が長旅に楽しみをもたらし、これまで以上に遠い目的地への到達を可能とします。

細心の注意を払い、細部までこだわってデザインされたインテリアは、見事なまでにスポーティー・ラグジュアリーで統一されました。
GTC4Lussoに初めて搭載されたもうひとつの重要な特徴に、ドライバーとパッセンジャーが、優れたドライビング・エクスペリエンスを共有できるようデザインした、シンメトリックなデュアルコックピット構成があります。これは、ドライバーとパッセンジャー両方の快適性をコントロールするスイッチ類を配置したセンター・デバイダーによって、ドライバーコックピットとパッセンジャーコックピットに仕切られています。
GTC4Lussoでは、マン・マシンインターフェースもさらに進化させ、ドライバーコックピット全体のデザインを再設計しました。新型エアバックが小型化されたため、ステアリングホイールによりコンパクトにすることができました。コントロールも一新し、人間工学的な観点から操作性を向上させるべく、フォルム、機能、配置を改めました。

ムービー

ギャラリー

スペック

エンジン
形式
V65°V型12気筒
ボア×ストローク
94 x 75.2mm
総排気量
6,262cc
圧縮比
13.5:1
最高出力
690CV (507kW) @ 8,000rpm
1リッター当たり出力
110CV / リットル
最大トルク
697Nm(71.1kgm) @ 5,750rpm
ギアボックス
ギアボックス
7速 F1デュアルクラッチ・トランスミッション
パフォーマンス
最高速度
335km/h
0-100km/h
3.4秒
0-200km/h
10.5秒
サイズおよび重量
全長
4922mm
全幅
1980mm
全高
1383mm
ホイールベース
2990mm
フロント・トレッド
1674mm
リア・トレッド
1668mm
乾燥重量
1920kg鋳造ホイールとレーシング・シート装着時
重量配分
47% フロント / 53% リア
車輌重量配分
フロント41% リア58%
パワーウエイトレシオ
2.6kg/CV
燃料タンク容量
91リットル